スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月桃 夢語り~またもや、れいっぺさんからいただきもの


またしても!
make a wishのれいっぺさんからお宝をいただきました。
今回は前触れナシ。
突然届いた荷物に心当たりがなかったので
{??」となりながら差出人の名前を見ると、れいっぺさん。
封を開けるとこんなのが!!

20120607月桃花チンキ
月桃花のチンキ
20120607月桃生葉
月桃のフレッシュの葉

なんと言っていいやら…。
ソーパーならではのチョイス、じゃないですか?
月桃のフレッシュの葉、ネットで買えるけど高いよ!
月桃花のチンキ、売ってすらいないよ!
この辺では、欲しかったら月桃を育てるしかないでしょ。
こんなソーパー心をくすぐるものは久しぶりかも。

チンキはやっぱ、石けんかな。
私はコスメってほとんど使わないし。
(きれいじゃないけど頑丈なお肌、これを別名”ツラの皮が厚い”と言う。)
葉は、料理にも使えそう。
葉で包み焼きとかも出来そうだけど、それやるとすぐなくなっちゃいそうだなぁ。
葉をそのままはちみつに漬けたらどうなるかな、石けんに使えるかな。

まずはこんなの。

20120607月桃ソルト

月桃ソルト。
フレーバーソルトのレシピで
乾燥させない生の笹の葉を使う「笹ソルト」ってのがあったので
これ、応用できそうと作ってみました。
月桃の葉のいい香り!
塩は、香りの天然の保留剤だし、密閉して冷蔵保存すれば長く保ちそう。
作ってしばらくしたら香りがなじんでまろやかな感じになってきたので、
多めに作って熟成させてみようっと。

「森瑤子の料理手帖」っていう本で、
作家の故・森瑤子さんがほれ込んだ与論島の話や
そこの別荘で作った料理のレシピが出てたけど、
その中の写真の料理の下に敷いてある葉っぱ、どうみても月桃。
こんな風に記憶がつながっていくのって好きだなぁ。

月桃って、知られ始めたのはいつごろからなんだろう?
私が月桃の名前を知ったのはずいぶん昔。
1994年に出版された「魅惑の月光浴」という本の中ででした。

”久高島(くだかじま)で行われる祭り、「イザイホー」。
ノロという神の声を聞く巫女が、お告げを聞くために断食をして山に籠もる。
それを終えたノロ達が最初に口にするのが、神がもっとも好む露だという月桃の葉の露。”

謂れも素敵、「月の桃」っていう字面も素敵。
すごく興味あおられた。
それが、今こんな風に手元にある。
めぐりあわせって不思議。

その本の中の別のエピソード。
”インドに存在したチャンドラ王朝では
10月の満月の夜、「アフアの花祭り」という月を讃える祭りを行っていた。
アフアとは大変大きな木の名前で、美しい白い花を咲かせる。
そのアフアの花から酒をつくり、満月の夜に願い事をかけながら飲むと、
その願いがかなうと信じられている。
このアフアと同じ種類の花が沖縄にある月桃(げっとう)。
やはり白い花で、甘い香りがする。”

…、このチンキ、花から作ったわけじゃないけど。
月桃の花の酒、よね。
アフアの花の酒とどこかつながる。
なんだか、ものすごーくイメージ掻き立てられる!

れいっぺさん、お宝をどうもありがとう!
大事に取っといて使わせていただきま~す。

れいっぺさんにはふつうじゃ手に入りにくいものをいただいてます。
うーん、私はどーしよ。
月並みなモノしか思いつかないなぁ。
月並みと月桃、同じ”月”の字があっても、意味的には”月とすっぽん”だわね。


関連記事
スポンサーサイト

theme : 手作り石けん&手作りコスメ
genre : 趣味・実用

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【月桃 夢語り〜またも】

またしても!make a wishのれいっぺさんからお宝をいただきました。今回は前触れナシ。突然届いた荷物に心

comment

Secret

No title

白薄荷糖さんの素敵なブログにちょこちょこっと登場させて
いただいて、テンション上がっているれいっぺです。
いつもご紹介いただきありがとうございます☆

ふふふ、完全にサプライズにしようとこっそり黙って送りつけちゃいました。
素材はその辺で取ってきたものだし、生葉はうちで取れたものだから
本当にお金かかってないのよ(笑)。
なので、お気遣いなく、お気軽に受け取ってね。
(お礼とかそういうのは忘れてね。元手かかってないもの~)

塩、とってもおいしそう!
こんなふうに使ってくださるなんてさすが白薄荷糖さん。

ところで、私、実は森瑤子さんの大ファンなの!
デザートはあなたを読んでまねっこしていろいろ作ったなあ。
森さんの影響でガビ・デ・ガビとかトイスチャーのチョコレート、
香水のオーソバージュetcも買ったクチです。
与論の話も大好きです。
料理手帖、実家のどこかにあったけな?
全部は沖縄に持ってこられなかったので、こんど見てみよう。

白薄荷糖さん、お酒のくだり鳥肌立っちゃったよ。
さすがいろいろご存知ですね。
ちょっとですが、いろいろ活用していただけたら嬉しいです。

れいっぺさん

れいっぺさ〜ん!
いいもの、ホントにありがとう〜♪

> ふふふ、完全にサプライズにしようとこっそり黙って送りつけちゃいました。
ほんとにサプライズだったーー。
「何も注文してないぞぉ〜」って思って開封するとあのお宝だもんね。
お礼なしで?
こっちの気がすまないゾ。
実家の柿の葉とか月桂樹の葉とか、どうかしらん?
柿の葉は今が摘み頃みたいよ。

> ところで、私、実は森瑤子さんの大ファンなの!
うわぁ、偶然!
うーん、商品名に心当たりがアリアリ(笑。
与論の話、「アイランド」って小説になってるよね。
料理手帖の21Pに件の写真があります。

> さすがいろいろご存知ですね。
なんでかなぁ、昔読んでた本の内容が、すごく時間がたってからつながったりしてるの。
それも石けん関係でダントツに多いよ。
博識ってのとは全然違うけど、こういう偶然、すっごく面白い♪
花のチンキは、複数のイメージのネタになってくれそうなのですっごう楽しみです。
ほんとに、ありがとうねー m(__)m

No title

わは!
いいものたくさん頂いてる!

月桃花のチンキだなんて、本州じゃ、ほぼ無理だし
生葉も青森じゃ難しいわ~。

どんな石鹸にするんだろ。
なんだろう。自分で作るより、ドキドキするよ。

ミュシャさん

> いいものたくさん頂いてる!
そーなの〜。
ここ関西では自分で育てない限り手に入らないものたちよー。
生葉、青森では気候がきっと寒すぎるよね。

> なんだろう。自分で作るより、ドキドキするよ。
わはー、ちょいプレッシャー(笑。
私のウデではたいしたものはできゃしないよん。
でも、やっぱこの素敵ないただきものは活かしたいねー。
ショップはこちらから
リンク
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

白薄荷糖

Author:白薄荷糖
波音をBGMに、海と空の色を背景に、石けんを作ったりアイデアを考えたりしています。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
参加しています
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。