スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薔薇シロップの石けん


以前作った薔薇シロップ。
水分全量で使用しました。

110529薔薇シロップ

どうにも色がうまく映らなかったけど、ほんとはすみれ色がかった濃い目のピンク。


先入れで苛性ソーダと反応するから、「99.9%、茶色になるなー」と予想してましたが、
問題は!!
どんな茶色になるか、です。
チョコレートみたいになめらかな質感と深みのある色になってほしい…。
このシロップの色はまず残らないから。
(水分の半量にして、シロップを後入れにすれば、クリーム色になったかな?)

20110823薔薇シロップ石けん1

【OIL】
オリーブオイル(薔薇ウル抽)/ 茶油 / スウィートアーモンドオイル(薔薇ウル抽) / キャスターオイル / パームカーネルオイル / パームオイル
【OP】
薔薇シロップ(水分全量)
コンフェ石けん
【EO】
ゼラニウムブルボン / パルマローザ / シスタス / クラリセージ / ローズウッド / レモン

わかりにくいけど、
断面を見ると表面はカフェオレ色。
その下はきれいなチョコレート色。
レイヤーにしたみたいなんだけど、まったく同じ生地。
どうも温度差でこんな風になったようです。

以前、茶油とヘーゼルナッツオイルを10%ずつ使ったとき、
すごく泡切れがよくて洗ったあとはしっとり、になりました。
この石けん、糖分をかなり含んでいるので、
しつこすぎないようにヘーゼルナッツオイルをあっさり目のアーモンドオイルに変更。

苛性ソーダとシロップをあわせたとき、
急激に反応しないようにシロップを凍らせてからゆっくり苛性ソーダと反応させました。
沸騰状態にはならなかったけど、
普通の苛性ソーダ液を作るときよりは相当高温になりました。
そのせいか、この石けんかすかにカラメルみたいな香りが混じってます。

熟成中にカラメルが勝つか、精油が勝つか。
初めてのオイル配合なので狙ったとおりの使用感になるか。
(同じオイル配合で作ること、ほとんどないけど…。いっつもチャレンジばっか。)
見た目はおとなしいけど、実はちょっとバクチっぽい石けんです。

糖分が多いのでなかなか固くならない。
型出しにも4日かかったし。
カットはさらに3日かかったし。
気長ーに熟成・乾燥させて、
使うころにはこの色がぴったりの秋の終わりになってるでしょう。

おまけ
20110823薔薇シロップ石けん2

同じシロップでためしに2ヶだけ作ってみたシア・オリーブ。
カフェオレ色の薔薇、ジュリアみたいになりました。
シア・オリーブだからドライフラワーみたいに長くもつし、
二年後くらいまで置いといてみようかな。







スポンサーサイト

theme : 手作り石けん&手作りコスメ
genre : 趣味・実用

ショップはこちらから
リンク
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

白薄荷糖

Author:白薄荷糖
波音をBGMに、海と空の色を背景に、石けんを作ったりアイデアを考えたりしています。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
参加しています
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。