スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チンキ・シロップ~薔薇の古木


最近
石けん作ってないなー。
石けんの素材を作ってました。

110526薔薇乾燥中
薔薇とよもぎ

薔薇は実家で摘んできたもの。
よもぎも実家の川辺で摘んできました。
ついでに芹も摘んでこれはかき揚げ混ぜご飯にしておいしくイタダキマシタ♪
(カリっと揚げて、小さく砕いてきつめに塩をしたのをご飯に混ぜるとすんごくおいしいの!)

よもぎは乾燥させてウル抽に。
薔薇はチンキなどに。
花びらを広げると、ものすごく華やか。
空気の色まで一変するようです。
「薔薇は特別」って思わせるなにかがある。

この薔薇は、私の叔父が高校生のときに植えたものらしく、
植えられてから最低でも50年以上たっています。
家の建て替え・庭の作り直しなどで植え替えられても、
ちゃんと根付いて花を咲かせていました。
薔薇の木の寿命って、どのくらいなんだろう??
50年以上たっても、あんまり大きくならなくて、
高さは120センチくらい、かな。
畑に植え替えられて、肥料もなし、水まきもなしの放置状態。
でも毎年ピンクの花が咲きます。
さすがに花の数は多くなかったんですが、
今年、いきなりものすごくたくさんの花を咲かせました。
な・何事?!
こんなの初めて見る。
惜しげもなく咲かせる花をたくさんもらってきました。

110526薔薇の白ワイン

たっぷり白ワインに漬けました。
果実酒のレシピどおりにしてみたけど、まだ色は全部は出てないのに、
白ワインがすでにルビー色。
薔薇シロップにもしました。

3カップの水に3カップの砂糖を弱火で煮溶かして冷まし、
洗って水気を切った薔薇の花びら4~5カップを入れる。
花びらがシロップ浸るように重しをしてラップをかけて室温で2~3日置く。
香りが移った花びらを漉す。

このシロップを凍らせれば薔薇のシャーベット。
食用として紹介されてたレシピだけど、たぶん石けんにしてしまうな。
生花を使うから、無農薬のじゃないとだめなんだけど、
この薔薇はなーんにもなしなので心おきなく使えます。
うまくいくといいけど。

そう言えば、「赤い薔薇ソースの伝説」っていうメキシコの小説に、
ジャスミンのシャーベットのレシピもあったっけ。
花の香りのシャーベットって、
えもいわれず優雅。

110526薔薇のワイン漬け

これは購入したローズペタル。
白ワインと赤ワイン、両方に漬けました。
左が赤ワイン、右が白ワイン。
もはや、もとのワインの色はどっかにすっ飛んでますねー。
オイルに成分を移すのにはあんなにてこずるのに。
無水エタノールにもそっぽ向くくせに。
ワインやウォッカには愛想いいんだ。
(日本酒や焼酎にも愛想いいのかな?)

植物の中に隠れているものを引き出してきて
目に見えるものの中へ取り込む。
そのプロセスは錬金術みたい。
50年以上の年月が溶かし込まれた花からの贈り物。
不思議な気持ちにならずにはいられません。


スポンサーサイト

theme : 手作り石けん&手作りコスメ
genre : 趣味・実用

ショップはこちらから
リンク
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

白薄荷糖

Author:白薄荷糖
波音をBGMに、海と空の色を背景に、石けんを作ったりアイデアを考えたりしています。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
参加しています
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。