スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の名残と春待ちと~蓬と日本酒の石けん2


昨日は午後から降り出した雪が
あわや積もるかってところ。
(結局積もらなかった。)
この辺はほとんど降らないし降っても積もらないので、
白くなっていく屋根の上が珍しい。

110214雪景色

昼に降る雪はほんと”儚い”って感じで
いつもはすぐ融けてしまうのに

海にも雪。

110214雪の海2

2月も半ば。
雪もこんなに降るのはもうないかも。
ファンヒーターも点けずに窓を開けて見てたのに
なぜか寒くなかった。
寒いのがいやじゃなかっただけかな…。

もうすぐ春が来ますね。
一昨日だったかな、窓を開けてると、どこからか梅の花の香り。
水仙が咲いてるのも見たし、
雪の中にも春の気配。

みんな春を待ってるのかなぁ。

私は…、ハハハ。
もう一回くらい雪が降ってくれないかなー、なんて思ってる。

ゆく春を惜しむってフレーズはあっても
ゆく冬を惜しむってのは聞いた事がないけど。

冬を惜しむ石けんは作ったので、
今度は春待ちの石けん。

早蕨

早蕨(さわらび)
(ちょっとお手入れしないと。)

石走る垂水の上のさわらびの萌え出づる春になりにけるかも

これからイメージ拝借。
志貴皇子の歌です。
この歌、早春の水の冷たさや、迸る水の飛沫、
芽吹いたばかりのわらびの上に降るやわらかい陽射しまで見えてきそう。
わらびでもつくしでもいいんだけど。
柔毛に包まれたような春の野草ならなんでも。
冬の月と素材は同じ。
冬→日本酒で、
春→よもぎで、
それぞれ表現。
よもぎと日本酒って、
組み合わせとしてもなんだかいいんじゃないかなー??
解禁が楽しみです♪          



スポンサーサイト

theme : 手作り石けん&手作りコスメ
genre : 趣味・実用

ショップはこちらから
リンク
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

白薄荷糖

Author:白薄荷糖
波音をBGMに、海と空の色を背景に、石けんを作ったりアイデアを考えたりしています。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
参加しています
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。