スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のりりんサンタ便


♪走れソリよ
 風のように
 雪の中を
 軽く早く
 笑い声を
 雪にまけば
 明るいひかりの
 花になるよ
 ジングルベル ジングルベル 鈴が鳴る
 鈴のリズムにひかりの輪が舞う
 ジングルベル ジングルベル 鈴が鳴る
 森に林に響きながら♪
 
ウチにはサンタは一足早くやって来る。

みやび♪さんに続いて22日にいただきもの。

のりりんさんからです。
のりりんさんは石けんだけじゃなく、ハーブやアロマテラピーにも詳しく、
トロッケンゲシュテックという手法でいろんな作品を作ってらっしゃいます。
トロッケンゲシュテックっていうのは
トロッケン(乾いた)ゲシュテック(アレンジ)という意味の造語。
木の実や花・スパイスなどのドライ素材でアレンジするドイツやオーストリアのアレンジメント。
その作品がやってきました。

ラッピング
101222のりりんさんラッピング
エアじゃなく、こんな紙に包まれて。

中身
101222のりりんさんTG

後ろはかかと用のボディバター。
手前2つがトロッケンゲシュテックの作品。

なんともいえない魅力があります。
自然なもので、素朴さがあるのに、すっきりおしゃれ。
あまり大きくはないです。
左の金色のが松ぼっくりなので、サイズはだいたいわかるかな?
雪の降るログハウスのマントルピースの上に
記念写真といっしょに飾っておきたいような…。


のりりんさんの作品は私にとっては
「焼き菓子」のイメージ。
マドレーヌやフィナンシェ、洋酒に漬けたドライフルーツがたっぷり入ったフルーツケーキ。
そんな、少しだけ素朴、でもほんとに美味しく作るのは難しいような焼き菓子。

焼いたお菓子を包んでポケットに入れて散歩に出て。
カサコソ鳴る落ち葉を踏んでパリパリ音をたてながら歩いて、
冷えたら持ってきた熱々のお茶を
水筒から注いでふうふう吹きながら飲んで。
ポケットから出したお菓子をかじりながら
なんでもない毎日のおしゃべりを少しだけ。
他はただ風の音、木の葉ずれの音、落ち葉が風に鳴る音。

そんな、シンプルな幸福を思い浮かべます。
たまにある驚くような嬉しい出来事。
それもいいですが、その嬉しさは
こういうなんでもない毎日の何気ないやりとりに支えられていて。
こういうのがなかったら、
その嬉しさも時間と一緒に流れていって
心に根付かずに見失ってしまう。

これ、どうしようかなー。
出しておくと、ホコリつくし、傷むし。
もったいない。


101222スーベニール

これ、四半世紀も前にもらった友達からのおみやげ。
キャンドルです。
(いー加減、トシがばれるなー。)
あまりにも気に入って、リボンも解けずに外から見るだけ。
時々、取り出して見入っては、また仕舞う。
何度かの引越しにも壊れずくずれず、今もそのときのままあります。
今ではその子がどこでどうしてるかも知らないけど、
会わなくなった時間が長く過ぎても、ものはここにある。
これといっしょにしまっておこうかな。
やっぱり時々取り出して、ものの雰囲気にひたっては、また仕舞って眠らせる。

私がばーさんになったときに、このキャンドルとアレンジがあるといいなー。
これには西日が似合いそうな気がするのです。
はちみつの金色から茜色へと傾いていく陽射し。

人生に
日没に向かう西日が射してくるようになったとき、
このコたちがいっしょにあればいいな。
それをじーさんになったウチのだんなさんとお茶を喫みながら二人で見るのです。
楽しみー♪















スポンサーサイト

theme : 手作り石けん&手作りコスメ
genre : 趣味・実用

ショップはこちらから
リンク
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

白薄荷糖

Author:白薄荷糖
波音をBGMに、海と空の色を背景に、石けんを作ったりアイデアを考えたりしています。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
参加しています
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。