スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフューズドオイル~清しい風

20091125 001

これ、なーんだ?      答え・月桂樹の葉

実家の畑に生えている月桂樹の枝を軽く剪定した後の、切られた枝から葉を摘んでもらってきました。

洗って軽く乾かして、ウル抽するために小さく切ったところ。

切っているときから、清々しい香りにくらくらしました。採ってから時間も経ってるのに、カンファーを含んだようなすっきりとした、その奥には甘みとスパイシーさをひそめた強い香り!!

完全に乾燥させて売られているものからはちょっと想像できない香りです。

母が言うには、これを乾燥させたものも市販のローレルと比べて香りが違う、単に天日干ししたものとある程度の温度で早く乾燥させたものとはやっぱり違いが出てしまうらしい、とのこと。

しばし、芳香浴を楽しんでしまいました。

グラム数をはかり、壜に入れてエタノールを投入!

白紙のラベルに日付や重量を書いて、壜の蓋に貼る。その間約1分。

20091125 003

もうエキスが出てます。

これを1日以上置いてからオイルを注ぎます。(オリーブオイルが一番よく抽出してくれるみたいな気がします。)

20091125 004

この上の右が今用意したもの、左がウル抽して7ヶ月近く経ったもの。

右の鮮やかなグリーンの葉が、左の底に沈んでいる白茶色の葉に変身します。(完全に光が入らないようにしていたので、光による褪色ではありません。)

葉っぱが”だしがら”になるまで、成分をできる限り抽出してしまいたかったんです。

以前に記事にしたラベンダーのウル抽オイルもこんな感じでところどころ白茶色になり始めています。

この濃いエキス、どんな石けんにしましょうか?

たとえば単純なマルセイユレシピで作ったら、どの程度のグリーンになるんでしょう。

楽しみです。

今用意したウル抽オイルも、じっくり時間をかけて”だしがら”になるまで抽出します!!

インフューズドオイルを覚えてから、作る石けんはかなりの割合でインフューズものを使ってます。

それも、3ヶ月以上抽出したものばっかり。

それで失敗するとハンパなくへこむわけですが、見た目はナニでも使用感はみんなかなりいいです。

石けんの使い心地って、オイルの選定・配合に負うところが大きいですが、オプションはそのベースに乗っかってさらに個性的な石けんにしてくれます。

月桂樹の薬効をもう一度調べて、レシピを考えましょう。


スポンサーサイト

theme : 手作り石けん&手作りコスメ
genre : 趣味・実用

ショップはこちらから
リンク
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

白薄荷糖

Author:白薄荷糖
波音をBGMに、海と空の色を背景に、石けんを作ったりアイデアを考えたりしています。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
参加しています
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。