スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チンキ・シロップ~薔薇の古木


最近
石けん作ってないなー。
石けんの素材を作ってました。

110526薔薇乾燥中
薔薇とよもぎ

薔薇は実家で摘んできたもの。
よもぎも実家の川辺で摘んできました。
ついでに芹も摘んでこれはかき揚げ混ぜご飯にしておいしくイタダキマシタ♪
(カリっと揚げて、小さく砕いてきつめに塩をしたのをご飯に混ぜるとすんごくおいしいの!)

よもぎは乾燥させてウル抽に。
薔薇はチンキなどに。
花びらを広げると、ものすごく華やか。
空気の色まで一変するようです。
「薔薇は特別」って思わせるなにかがある。

この薔薇は、私の叔父が高校生のときに植えたものらしく、
植えられてから最低でも50年以上たっています。
家の建て替え・庭の作り直しなどで植え替えられても、
ちゃんと根付いて花を咲かせていました。
薔薇の木の寿命って、どのくらいなんだろう??
50年以上たっても、あんまり大きくならなくて、
高さは120センチくらい、かな。
畑に植え替えられて、肥料もなし、水まきもなしの放置状態。
でも毎年ピンクの花が咲きます。
さすがに花の数は多くなかったんですが、
今年、いきなりものすごくたくさんの花を咲かせました。
な・何事?!
こんなの初めて見る。
惜しげもなく咲かせる花をたくさんもらってきました。

110526薔薇の白ワイン

たっぷり白ワインに漬けました。
果実酒のレシピどおりにしてみたけど、まだ色は全部は出てないのに、
白ワインがすでにルビー色。
薔薇シロップにもしました。

3カップの水に3カップの砂糖を弱火で煮溶かして冷まし、
洗って水気を切った薔薇の花びら4~5カップを入れる。
花びらがシロップ浸るように重しをしてラップをかけて室温で2~3日置く。
香りが移った花びらを漉す。

このシロップを凍らせれば薔薇のシャーベット。
食用として紹介されてたレシピだけど、たぶん石けんにしてしまうな。
生花を使うから、無農薬のじゃないとだめなんだけど、
この薔薇はなーんにもなしなので心おきなく使えます。
うまくいくといいけど。

そう言えば、「赤い薔薇ソースの伝説」っていうメキシコの小説に、
ジャスミンのシャーベットのレシピもあったっけ。
花の香りのシャーベットって、
えもいわれず優雅。

110526薔薇のワイン漬け

これは購入したローズペタル。
白ワインと赤ワイン、両方に漬けました。
左が赤ワイン、右が白ワイン。
もはや、もとのワインの色はどっかにすっ飛んでますねー。
オイルに成分を移すのにはあんなにてこずるのに。
無水エタノールにもそっぽ向くくせに。
ワインやウォッカには愛想いいんだ。
(日本酒や焼酎にも愛想いいのかな?)

植物の中に隠れているものを引き出してきて
目に見えるものの中へ取り込む。
そのプロセスは錬金術みたい。
50年以上の年月が溶かし込まれた花からの贈り物。
不思議な気持ちにならずにはいられません。


スポンサーサイト

theme : 手作り石けん&手作りコスメ
genre : 趣味・実用

Vanilla バニラ ばにら~格安バニラのあまぁい夢


画像の読み込みがうまくいかない…。
ので
今回はほとんど画像なし。
スミマセン。

一度やってみたかったバニラのつぶつぶ入りの石けん。
そのためにはINFオイルを仕込まねば!

高いバニラを使う、そのために!
安いところを見つけておいた♪

以前作った生カカオビーンズミルクの石けん
20100421 004

上のキャラメル色はキャロブパウダーだけど、下半分の濃いブラウンはカカオビーンズミルクです。
このカカオミルクのための生カカオ豆を購入したショップさん、
メインの商品ははタヒチやマダガスカル産のバニラビーンズ。
これの規格外品がすっごーく安い!!
サイズが少し小さめなのかな?
それと、鞘が割れてたりするものもあるそうだけど、
香りにはまったく問題なし。

「12本入り1050円!!」

夢みたいですぅ~。
それも、送料無料!
しかも、私のとこに届いたのは、数えてみるとなぜか14本入ってました。
「1本あたり75円!!」

春の夜の夢か??(大げさ…)
さっそく、INFオイルにしました。
ひとつは、比較するために鞘もいっしょに入れ、
他はしごき出したビーンズのみ。
漬けて2週間弱ですが、香りが違います。
鞘入りのほうがややスパイシーな香りが混じってます。
ビーンズのみは純粋にバニラの香り。
鞘入りのほうはシナモンなんかと組んでみてもいいかも。
じっくりと漬けて石けんにします。
使わなかった鞘は食用オイルに入れてフレーバーを移します。
これはパンケーキとかの生地に使って食べちゃう♪

【メープルバニラミルク】
アーモンドやヘーゼル、マカダミアのナッツミルクに
バニラビーンズを好みで入れてメープルシロップであまみをつければ
メープルバニラミルク。
ナッツミルクはナッツ半カップに水1.5カップくらい、かな。
ナッツ半カップに水1カップくらいで濃い目に作っておいて、
好みに薄めるほうが、失敗しなくていいかも。
(薄過ぎたー!、となると救いようがないですからねぇ。)

【バニラ酒】
ウォッカやラム酒100mlほどに
鞘を開いたバニラビ-ンズ1本くらいで漬けて
最低2ヶ月おいてバニラエクストラクト。
これは、自然食とかする人が
人工香料のバニリンを使ったバニラエッセンスの代わりにお菓子の風味付けに使うモノ。
バニラエッセンスに比べると香りはやっぱり弱いようだけど、
これ、あまみを加えて好みで割れば、バニラ酒として飲めますよね。

ちなみに、ショップはココ。
バニラプランテーションズジャパン
(あ、上記のレシピがこのサイトに載ってるわけじゃないので、ご了承を。)

ベンゾインやバニラのあまーい香りって、クセになります。
(ベンゾインの香りって、コーヒーリキュールのカルーアそっくりだと思うのは私だけ?)
ぬくぬくとあまやかされてるみたいな。
オトナになると、そうそうあまやかしてももらえないので、
たまにはこんなあまい香りで自分をあまやかしてもいいよね。


theme : 手作り石けん&手作りコスメ
genre : 趣味・実用

月桃INFオイル&ヘナINFオイル

以前買った月桃。
さて、そろそろウル抽しようか、と思ったのが年末。
したのが最近。
この時間差…、じつは月桃が行方不明になってしまってた。
もうあきらめて、忘れかけたころに思わぬところから発見!
しばらく一人で浮かれていました。(だって、買うと高いんだもん。なんか得した気分♪)
きれいなグリーンの石けんになってるのをあちこちで見て、作りたいココロが募ってたのでした。
早速ミルにかけてエタノール投入、1日後にオイル注入。

20100430 00220100430 004


オイル注入直後の右の画像、濃~いエキスが浮いてます。
期待は盛り上がる!!!

そして、ヘナ。
知人のヘナ・インストラクターから、以前ヘナ石けんをモニターしてもらったときに、「美容に特化したヘナ石けんがあったらいいな。」って言われてた。
配合比はヘナのヨーグルトパックの配合で、ヘナ2・アーマラキ1・ハーバルブレンド1、でいいかってことになってたんですが、なんとなく、ヘナを減らしたほうがいいような気がして、全部1:1:1にすることにしました。
美容っていう点から考えると、アーマラキとハーバルブレンドが主体になるんだけど、ヘナの塩素除去効果はやっぱりはずせない。
前回はオイルにINFしただけだったので、今度はウル抽で試してみました。

20100430 00120100430 003



左のエタノール投入後の画像…、似てる、ナニかに似てる…。
そう、アレです。
ウンP…。
………!!
エグい、エグ過ぎる。
テンション激落ち。
月桃とヘナでテンションは乱高下の模様。
石けんにしたらどんな色になるんだろ、ちょっと躊躇してしまう。
でも、効果は大!!なので、めげずに仕込んでみます。

あぁ、前回のヘナの鶯色は、インディゴのおかげだったのね。
でもこのウン茶色を抑えてあの鶯色を表に出すとは、インディゴ、侮れないツワモノだ。

theme : 手作り石けん&手作りコスメ
genre : 趣味・実用

紅梅抽出オイル~花のウル抽は酒のかほり

今日は昨日に引き続き雨。

弱い雨がそれでも止まずにぽつりぽつり。寒い!

20100324 002



空は銀一色。こんな日は絶対に雨は止みません。

ぐるぐるは石けん日和に改めて♪(何を作るか迷ってしまう。)


3週間ほど前、実家にある紅梅の花を摘んでウル抽しました。

20100309 00120100309 004

左がエタノールで和えたて、右が1日後。

抽出されたな、と思ったので、オイルを注ぎました。

20100309 005



左が椿油、右がオリーブオイル。

この時点で、色はあきらめました。

ほんとは、色もちょっとは残らないかなー、と期待してたので、がっかり。

そのままティッシュ被せて、エタノールを揮発させました。

2週たったので、そろそろ蓋をしようと取り出すと、香りが!!

強くはないですが、香りが移っています。

…、ただ。

なぜに、梅酒の香り?!

花をINFしたのに、なぜ実の香りがする?

ちょっとあわてて、以前作って寝かしておいた金木犀のウル抽オイルを確認すると。

桂花陳酒?!(ベタ甘で、一度飲んでこりごりでした。香りはいいけどはっきり言ってマズかった!)

あの、金木犀のワインの香りです。

梅の花→梅酒の香り
金木犀→桂花陳酒の香り

特に梅、花から実の香りが出るとは…!!

エタノールの作用なのかな?

じゃあ、ラベンダーやローレルも酒に漬け込んだら、ウル抽したのと似た香りになるの?


石けんにしたら、残らないかもしれないくらいの香りですが、果実酒・花酒のいい香り!!

特に、金木犀オイルのほうは、1ヶ月くらいかな、自然放置でエタノールを飛ばしたのでおそらくアルコール分は残ってないと思います。

なんだか、狙いははずれたけど、思いがけないおまけをもらったみたいでうれしい。

でも困った、石けんにするのが惜しくなってきた!

かなり強い香りじゃないと石けんには残らないから、この香りも石けんにするとどこかへ飛び去ってしまいそう。

でも、置いといても劣化する。

もう少し香りを楽しんでから、石けんに仕立てるとしましょうか。

石けん作りはいつもどきどき。

最近ウル抽オイルに走ってしまって、肝心の石けんを作れてないけど、ウル抽にしたらどうなるのか。

その結果が楽しくてついついやっちゃうんでしょう。

それを石けんにしたときどうなるのかも、不安と期待の入り混じった気持ちでいます。

以前、緑茶のINFオイルで、茶葉を濾した直後に使ったのと濾してから寝かせて使ったのとで石けんの色が全然違ったことがありました。

ウル抽ならさらに変化が読めないのでよけいに魅き込まれていってしまうんでしょう。

このハマりよう、終わりは来るのか?!来ないのか?!

自然そのものを相手にしているようなものなんだから、INFからもウル抽からも、離れられそうにないですね。

ああ、幸せ♪♪

実は、「種」もウル抽してます。

後日アップしようかな。これもい~い香りです。ほにゃ~ん…


theme : 手作り石けん&手作りコスメ
genre : 趣味・実用

よもぎウル抽~わが衣手は露にぬれつつ

少しずつ、春の気配。

20100308 001



春を告げる花が咲き始めました。

今年新しく伸びた緑の枝が見えます。


足元では、枯れ草の下から今年の草が緑の葉を見せ始めています。

去年の枯れ草が、まだ小さい子どもを強い風や雨からしっかり守っているみたいに見えます。

先日、芽吹いたばかりのよもぎを摘んできました。

母が雨の合間に摘んでいてくれたので、衣手が雨上がりの露にぬれたのは私ではなくて母でしたが。

ありがと、お母さん。またマッサージしに帰るからね。(痛いからって、逃げるなよ?!)

<20100308 002



この摘みたてのよもぎをウル抽して、じっくり漬け込もうと思います。

一週間前は、まだやっと双葉が出た、っていう感じ。

見るからに弱々しい生まれたての赤ちゃんよもぎだったのが、今は茎が5本以上に増えて、

中にはもう中央の茎を上へと伸ばし始めているコもいます。

芽吹き始めの生命力を分けてもらって、この摘みたてを石けんに。

わくわくします。

これもじっくり漬け込むつもりなので、しばらくは芽吹く前に戻ってもらって、暗いところで休んでいてもらいましょう。

ショップはこちらから
リンク
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

白薄荷糖

Author:白薄荷糖
波音をBGMに、海と空の色を背景に、石けんを作ったりアイデアを考えたりしています。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
参加しています
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。